タイトル画像

Parati

2017.11.06(10:22) 55

みなさんは覚えているだろうか?かつてのアピストブログの重鎮を…。

「〇グロ川の楽しみ方」更新が途絶えて約40日辞めたのか?消えたのか?

しかし未だにブログ村6位(笑)

人にこんなにもめんどくさい事をさせておいて・・・。

愚痴はこれくらいにして本題ね‼

私達の趣味観賞魚飼育。そしてアピストグラマと言う超マニアックな魚。
人それぞれ色々な楽しみ方があってもいいものです。

例えば子取り重視のブリーダー、色々な魚を楽しむコレクター、誰も見たことのない魚を求めたり、マニア同士で語り合ったり
だからアピストの飼育はやめられないんです。

お店のレベルは低下しています。産地なんて全部いい加減だろう?正直私には産地なんてあまり関係ない。
所詮河川名だけ、アピストは岸辺で違いがある魚だから・・・。

とにかくはるばる南米から来た貴重なアピスト大切にしましょう(笑)

先日、家族は皆出かけおうちに独りぼっち(涙)暇すぎて久々に世田谷までドライブしてきました(笑)

目的はワイツマニーテトラ。昨年はほとんど入荷がなかった(涙)いつも状態が悪く手を出しずらいカラシンですね。

とりあえずお店に着き、「いらっしゃいませ」も言われない(怒)でも平気です池袋で慣れてますから(笑)

店長に「なんか入った?」と聞く私。

店長「パジェが入りました」  私「へぇ~いくら?」  店長「19800円です。」

そして私「パジェってシング―の外れ魚だぞ‼あたりはフィールフレック」と力説。

でもマクマス系ばかりで面白くないしたまにはブラジルも飼いたいと思い(今年の本命はサエ)

買っちゃった(汗)

IMG_4485_convert_20171106090049.jpg

IMG_4522_convert_20171106085813.jpg

sp. Parati

今流行りのシング―の魚。とりあえず流行りには乗らんとね(笑)
こいつがリアルパジェかどうかは私には解りません。知りたい人は音羽で聞いてみて。
昔、音羽の神はシング―で本物のパジェを採っているはず‼

最近パジェ系なんてよく聞きますが何がパジェ系なのか私には解りません(汗)

こいつはカエティ系だろう?

IMG_4672_convert_20171106090107.jpg

全く読めないが、教科書で調べてみた。


IMG_4674_convert_20171106090123.jpg

見事に載っていました(笑)

全く読めないがこの本の見解はParati=パジェなのかも知れない(汗)

IMG_4576_convert_20171106090014.jpg

IMG_4575_convert_20171106085932.jpg

この♂一番小さくいじめられ各鰭がボロボロでした。上の方をふらふらと泳いでいて普通なら絶対に掬いません。

でも顔の赤の入りが他とは違う気が・・・。しかもそれほど欲しい魚でもないし、勝負しました。

今回は勝ったかな?(笑)

IMG_4678_convert_20171106100215.jpg

♀です。♂より一回り大きいためしばらく家庭内別居です(涙)

この♀も大量の同種中がっちり顔赤でした。顔赤♀は他にいなかったような・・・。

普通ならあの♂に対してこの♀は選びません。こいつらだから強気に買える(笑)けっこう楽しい。

そしてまた店長とのやりとり「この♀赤いけど間違いなく♀だよな?」

店長「はい」 私「お宅の店は確かペアの保証無だよな?」 店長「はい‼」

この♀も私の勝利。完全に♀だよねぇ(笑)

やはりアピストの♀って子取りしなくてもいてもらわないと♂が綺麗にならないと思いませんか?

流行りのシング―なんて言われてますが基本誰もいらない系。

それでも飼ってみると良さも出てくるから皆さんも色々チャレンジしてみましょう(笑)


パパさんのブログがまた見たい人、ポチッとしてね(笑)

あっ私ブログ村の村民じゃなかった(汗)

スポンサーサイト

おいもちゃんのアピスト


sp トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

再びNORO(笑)

2017.10.23(10:16) 54

どーも‼台風の月曜日奇跡的にお休みのお芋です。

最近少し早めのネグロのお魚が入荷されました。今年はネグロもやりますぞ‼

そんなネグロの第一弾。メンデジー、サエでしたね。

メンデジーは毎年恒例の寸詰まりで派手な奴。たまには違うタイプが来ないかなぁ~。
因みに過去3年はこのタイプしか来ていない(涙)

顔赤、腹赤、背鰭腹鰭尾鰭赤、極上なんて売ってました。これは人それぞれ好みだが、メンデジーは各鰭に独特の模様があります。
赤で塗りつぶされていたら台無しなんです。それなのにあんなに値段設定って…。詐欺だな(笑)

サエだって最初はヤワウィーラ産、神が、とりあえずウアウぺス産って売りだしたらみんなウアウぺス(笑)
魚は同じだからね(笑)詐欺だな(笑)

そんなお店はクルアの地味な魚だけ売っていなさい。誰もわからないから(笑)

さて本題‼今日もネタ不足またまたノロちゃん。
(本物のノロリエンタリスではありません。)

IMG_4147_convert_20171023090136.jpg


IMG_4226_convert_20171023090226.jpg

衆議院戦真っ只中昨日の様子。

いい魚になって来たと思いませんか?

密かに、個人的にはsp.グアビアレでは無いって思ってます(爆)ブルーリップだしね‼

尾鰭のレッド&ブラックを期待しているですが…。

IMG_4422_convert_20171023090523.jpg

IMG_4220_convert_20171023090210.jpg


写真では解りずらいが…怒こると尾鰭全体が黒くなります。

この背びれも綺麗でしょ?黒、水色、ピンクのグラデーション(笑)

IMG_4247_convert_20171023090316.jpg

こちらは♀、お腹がずいぶんへこんでいます。たぶん産んだな?でも水替えたから卵無(涙)
いいんです。私の持論(うちのアピスト達は2腹とると燃え尽きて病気になるから)


そして最近再びグアビアーレ川のホイグネイ系の入荷がありましたね?
プチブームになっております(笑)

私も購入しました。

IMG_4298_convert_20171023090429.jpg

こやつです。まだ小さいから何とも言えませんが面白くなりそうですです。

こいつも以前のグアビや上の個体とはタイプが違う気がします。

現状は体高があり、寸詰まりで鯛みたい(笑)綺麗だがカッコ悪い(爆)

まだ小さく何とも言えないから生きていたらまた報告しま~す(笑)


おいもちゃんのアピスト


ホイグネイ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Red Star

2017.09.24(15:24) 53

どーも‼

最近ブログに棘が無いと、指摘されているお芋ちゃんです(笑)

棘って言われても??

う~ん(汗)

最近入荷の熱いクルア、シング―のアピスト。ルートは全く分かりませんが、現地シッパー、輸入業者、ショップ、

どれもプロの仕事ではありませんね‼貴重な魚なのにまるでそそられない(爆)

そう言う訳で本題です。

今日はアピストマニアにとっておきな情報を教えよう(笑)

IMG_4055_convert_20170924132328.jpg

IMG_4065_convert_20170924132551.jpg

画像ではわかりずらいですが、これは側面に穴あきのできたビエジタ・ガイタンのペアです。

上の♀は軽傷ですが、下の♂は広域に広がり重症です(涙)

IMG_4057_convert_20170924132422.jpg

IMG_4051_convert_20170924132304.jpg

この子はsp.グアビアーレのF1、穴あきから肉が盛り上がりかなりヤバイ状態。

全て同じ水槽で飼育しています。他にも穴あきや頭部にニキビのある子がいて、水槽の状態がよろしくありませんでした(涙)

そんなある日存在は知っていていつか使ってみたい。でも怖くて使いずらい、そんな商品に手を出しました(笑)

IMG_4079_convert_20170924132617.jpg

じゃ~ん‼

こいつは金魚の世界では知る人ぞ知る。水槽疾病基盤研究所(旧勝見商店)さんのコンディショナー。

左からレッドスタースメルチ、真ん中がブラモス、右がグラナータ。

それぞれに効き目が違うらしいが、一応除菌、殺菌、抗菌の作用があるみたい。

詳しくは店舗さんに問い合わせを。

IMG_4080_convert_20170924132642.jpg

とりあえず3つ規定量投与してみました。

水槽は茶色く濁ります。魚はしばらく底でじっとします。この間に除菌せれるらしいよ。

そのあとは普通に飼育します。餌は通常どおり、遮光もしません。濾過も回します。バクテリアへの影響もありません。

因みに菌が大量の場合は水面が泡立ちます。うちは少しの泡で済みました。

そして5日後。

IMG_4089_convert_20170924132712.jpg

IMG_4090_convert_20170924132903.jpg

軽傷の♀は2日目で病気の進行が止まったのを確認できました。剥がれた鱗が再生されるのかな?

下の重症の♂は大分肉が剥ぎ取られましたが、進行は止まりました。かなり痛々しいです(涙)

IMG_4096_convert_20170924133033.jpg

そして悲惨だったグアビアーレ。進行が止まり白い球体に変化している事が解ります。

上のガイタンの写真では変化が伝わりずらいが、この写真での変化凄いでしょ?

5日目の時点では頭のニキビは少しの変化はありましたが、効いているのか解りません(汗)

しかし他の個体の軽い穴あきは完治しています(驚)

そして8日目。


IMG_4109_convert_20170924133149.jpg

ガイタンの♀は大分よくなりました(笑)

IMG_4120_convert_20170924133244.jpg

♂はやはり沢山肉を剥ぎ取られたから微妙かな?(涙)でも穴あきの進行は完全に止まっています。

IMG_4134_convert_20170924133415.jpg

グアビアーレは白い球体が日に日に小さくなっています。

はっきりいいます。勝見さんのコンディショナーでアピストの穴あきは治せます‼

今回は濾過槽から穴あきの原因を除菌するために本水槽に投入しましたが、トリートメントタンクでも使えるらしい。

そしてこのコンディショナー、菌や寄生虫などの全ての疾病に効くみたい。

私は穴あきにしかためしてないが…。(笑)

なんか今回のブログ宣伝になってしまった(汗)

気になった方は使ってみなさい‼注文後に調合するみたいだから気おつけて(笑)




おいもちゃんのアピスト


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

その後のNORO

2017.09.13(11:17) 52

ご無沙汰しております(汗)

最近はすっかり過ごしやすくなってきましたね。アピスト飼育もやりやすくなってきました。

本日はあの地味な魚の現在の様子。

それでは行ってみよう‼(笑)

IMG_3935_convert_20170913100857.jpg

IMG_3992_convert_20170913100952.jpg

皆さん思い出しましたか?あの地味で誰にもいらないと言われた魚。

確かこのブログにてノロリエンタリス?って紹介したかな?(笑)

でもね、わかってましたよ私には‼この子がホイグネイだって。

って言うかグアビアーレですかね?

そう言うわけで今更グアビアーレについて少しだけ調べてみました。

グアビアーレを飼育している人の写真を見るD12を含めても何タイプかいるような?

産地が付いている便もありましたが、入荷時期を考えると同じにも感じる(汗)

IMG_4006_convert_20170913101012.jpg

IMG_3987_convert_20170913100933.jpg

この子は確かサン・ホセの混じり。ホセはイニリダ川って言われています。イニリダはグアビアーレ川から支流なはず。
まあありでしょ?(汗)

特徴は小さい時から背びれの黒エッジだけは立派でした。それから黄色い腹鰭。

以前私が飼育していたグアビアーレとは何だか違う気が…。

具体的に言うと背びれの黒の部分が広いのと、顔に点がない、それから体が汚い(涙)

個体差、地域差レベルかな?まだ小さいので気長に尾鰭のツインバーの出現を夢見よう(笑)

IMG_3981_convert_20170913100915.jpg

IMG_3919_convert_20170913100832.jpg

こいつが一番大きかった奴。♀でしたよ(笑)あのお店時々♂、♀を間違えるんだよなぁ~(笑)

背鰭の広い黒エッジ、あごひげなど間違え無く奇跡的に同種の♀ですね(笑)

ちなみちまだ地味で誰にもいらないと言われているうちに1腹取ってます。(笑)

IMG_4042_convert_20170913101108.jpg

F1です。こんなに小さいのに黒エッジ出てるでしょ?そして何だか体がチタナイ(涙)

IMG_4022_convert_20170913101050.jpg

こっちは最初にグアビアーレで買った子のF1、体が綺麗で黒エッジはまだわららないレベル。

全然違うと思いませんか?

しかしどちらもホイグネイ系のアピストで似たような物‼

深く考えるのはやめました(笑)

何だかわららない混じりを入手し、育てて調べる。そんな所もアピスト飼育の楽しみ方。

今の時代中々難しいですが、そういう機会を時々提供してくれる店長。いつもありがとうございます。

おいもちゃんのアピスト


ホイグネイ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Vichada

2017.08.13(23:20) 51

皆さんお盆休みいかがお過ごしでしょうか?

わたくしお芋は一足先に夏休みをいただき、お盆期間は仕事です(涙)

まあ東京のお盆はなぜか7月なのでお墓参りも済ませてます‼

そんな夏休み中の8月2日、今1番熱いアクアセノーテに行った時久々にコロンビア便のアピストが入荷していました。

何気なく袋を覗くと綺麗なマックと地味なホングスロイが…。(混ざりできたみたい。)

ワイルドのホングスロイの入荷って珍しく私は食い入るように眺めました(笑)

以前のガイタン産に比べ地味だが、鰭が長いように感じました。

しかし状態が最悪で、白点病の魚もいたのよ(涙)私も、店長も白点で輸入されたアピストを初めて見た(驚)

その日は生きてたら売約ということで…。確率は50%って感じだったな。

ちなみにセノーテが1番熱いのはお店の中ね(笑)エアコンの設定が高すぎて炎天下の屋外並みなんです(汗)

それから1週間…。

IMG_3613_convert_20170813214903.jpg

IMG_3644_convert_20170813215132.jpg

見事に立ち上がりました(祝)最近の店長以前よりも立ち上げがレベルアップしています。

我々は入荷して全滅なんて事を何度も見ていますから(涙)

暑いのは店内だけじゃなく、店長の心も熱いのよ(笑)

IMG_3617_convert_20170813214920.jpg

IMG_3690_convert_20170813215410.jpg

産地は一応ビチャダ産との事、たぶん川の方ね。

コロンビアとベネズエラの国境を分ける大河川オリノコ川の支流、有名なメタ川の上流でグアビアーレ川よりも下流。

ビエジタで有名な河川ですかね?

前回のホングスロイの産地プエルトガイタンとはそんなに離れてはいないような…。

魚としては今回のビチャダ産自分的にはthis is ホングスロイ‼

頭は黄色くお尻がピンク教科書のような個体です。実物はもう少し色あります(汗)

顔赤はいません。(涙)

IMG_1068_convert_20170101191235.jpg

IMG_3633_convert_20170813215110.jpg

こちらがガイタン産。下がF1。

顔にべったり赤。でもおけつはピンクになりません。

比較的近いエリアにいても特徴が異なるんですよコロンビアは(汗)

マックやビエジタ、ホイグネイなんかもそうですよね?(笑)

産地の信憑性もあるけど、ハマればハマるほど訳が分かりません(涙)

ましてや最近はコロンビア便のアピストを扱うお店滅茶苦茶だからなぁ~(笑)

どちらにしても鰭が大きく迫力のある。カッコイイお魚です。

IMG_3691_convert_20170813215446.jpg


IMG_3649_convert_20170813215157.jpg

ビチャダ産は派手さはないけど不思議な魅力を感じます。

この瞳アピストで1番美しいと思いませんか?







おいもちゃんのアピスト


ホングスロイ トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
最近の記事
  1. Parati(11/06)
  2. 再びNORO(笑)(10/23)
  3. Red Star(09/24)
  4. その後のNORO(09/13)
  5. Vichada(08/13)
次のページ
次のページ