タイトル画像

24・25・28

2018.04.16(17:16) 64

ブログ開設3周年です(祝)

お芋です。

最近また新種が入荷してきましたね。現地では4匹しか採れていないなんてデマもありましたが…。

私は以前から言っていました。「Dに惑わされるな」と。デマにも惑わされないようにね(笑)

これはDの魚を買うなって事じゃないのよ‼

D=海外のマニアが付けた物だから記載種って事じゃない。その名前で流通しているのか?確実にそのNoで入手しているところは1つしかないはず。
他のアピストブログを見てみるとD24でガイタン系のビエジタか最悪はマクマス(涙)
(もちろん魚とNoがあっている時もある。)

今年また入荷したクイアリなんかも昨年は「2度と来ない。」なんて言われてましたが、今年は半額以下(涙)
これは熱帯魚の世界ではよくある事だけどね。
ミウアも今年は俗に言うマナウス一般便で入荷して価格が一昔に戻ってます。
ミウアはある程度予測できましたが、来年も同じことがあるかは解らない、クイアリ、ミウアは今年が買いかもね((笑)

私はどちらも買ってませんが…。

まあ1番の悪は日本の一部のプロだな(笑)

それではDのお魚の写真でもどうぞ(笑)


IMG_5564_convert_20180416151454.jpg


IMG_5560_convert_20180416151337.jpg


IMG_5555_convert_20180416151715.jpg

先ずはSp.ロートフロッケンでいいのかな?通称D28です。

芋ブリードのF1でまだ3cm弱、まだまだこれからよくなるはず(汗)

入荷当初はこれがテトラ本のViejita formⅡでは?って言われていましたが、私は絶対に違うと思います。
根拠はありませんが(爆)

こいつも初めて見た時衝撃的でした。
買わないつもりが買ってしまった程(笑)

IMG_5685_convert_20180416151850.jpg

IMG_5693_convert_20180416151952.jpg


IMG_5707_convert_20180416151911.jpg

IMG_5736_convert_20180416152056.jpg

こいつは私の中のViejita formⅡ(D25)今1番のお気に入りです。

もちろん芋ブリード.。サイズは28より一回り小さい。しかし綺麗なブリードですね(笑)

入荷時に密かに言われていたブリードも興奮時のお腹の色遺伝するの?はい‼します(笑)

なぜV2かって?ぱぱさんのブログの25。顔に赤点があります。
あれはV2でしょ?根拠もないし背びれ伸びすぎの気もするが…。

だいたい買わないって言った人があんなにいい個体を…。それなのに塩オヤジって…(涙)

IMG_5677_convert_20180416151802.jpg

IMG_5657_convert_20180416151625.jpg

Viejita2013Varかな?(D24)ハンパない透明感。美白のアピスト。

ようやく落ち着きました。欲しかったアピストです。

こいつは1便目、2便目の争奪戦も制しました(笑)落ち着いたら紹介します(笑)

テトラ本が教科書の幻だった時代は本の中の3タイプしか知られていませんでしたが、少しずつ入荷されるようになり、formⅠのグループ、formⅡのグループformⅢのグループって数グループ、数タイプいる事は間違いありません。
私が生きている間にこれらが整理される事はないと思うが、池袋の塩爺が魅惑か何かで語ってくれるだろう。(笑)



IMG_5744_convert_20180416152114.jpg

最後にもう知っている人もいると思いますが、コクーン便でお馴染みのコクーンさんが餌の通販を始めました。

早速私も注文しようと…。

そうしたら餌だけであの種類。しかも横文字(涙)すぐに特約店を介して「おすすめどれ?」って連絡しました(笑)

その回答が上のブランド商品らしい詳しい説明は忘れたけど(汗)ドイツのマニアはみんな愛用しているみたいな…(汗)

効果はこれからの楽しみだが、喰いつき抜群でした。

ブラインのみでも十分ですが、より健康なアピストを目指すには人工飼料は必須。

私もブラインメインにキョウリンのディスカスやオメガワンのスーパーべジなんかもあげてます。

ドイツってだけで色揚げ効果を期待してしまう(謎)

スポンサーサイト

おいもちゃんのアピスト


ビエジタ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

これはビエジタ

2018.03.22(23:50) 63

緊急更新です。(笑)

先日入荷のビエジタ(D24)幸運にも入手いたしまして、すぐに更新しろ‼との強迫が…(涙)

つい先週、池袋のアクアセノーテさんで「Rio Vichadaのビエジタがみてみたい」なんて話をしていたら
コクーンさんがやってくれました(祝)

今回はビチャダ産のビエジタ2タイプ。各1ペアのみの入荷。簡単に言うと白と黒って感じかな(笑)

で、私は迷わずにタイプ2と言われる白を選択。

正直黒も欲しかった。金さえあれば…(爆)

前置きはこの辺にして…。

IMG_5452_convert_20180321184206.jpg

まだ完全に立ち上がっていません。だからブログ登場はまだ先だって…。

しかし入荷案内をする前に袋のまま持ち去った訳だから仕方ない(笑)

白いタイプの方がより海外のサイトのD24に近い気がした。

ただ顔の赤が無い(涙)飼い込めば出るのだろうか?

IMG_5505_convert_20180322223951.jpg


IMG_5457_(1)_convert_20180321184234.jpg

実物は写真より白くて綺麗です(汗)

なんて言ってもビエジタを卒業したあの大御所が♂だけ欲しくなる位だからね(笑)

何だか似ているよね?あいつに…。

IMG_5460_convert_20180321184336.jpg

IMG_5515_convert_20180322224023.jpg

昨今のコロンビアブームの火付け役ビエジタ2013に。正直同じ魚と言ってもいい感じ(爆)

だからD24を日本で最初はセノーテだな(爆)

海外のサイトを初めて見た時からD24と25だけは気になっていた。24が13年だろうとも予想していた。

今回入手できコクーンさんセノーテさんに感謝しています。

でもニュートライアングルシクリットなんて入れやがって(笑)

しかしまた課題が…。

IMG_5421_(1)_convert_20180321183719.jpg

コイツが♀、凄く小さい(涙)現状は♀かな?って感じの判断しずらいサイズ。でも他に♀はいないらしい。流石ビエジタ((笑)

この子の可能性を信じてサイズアップ中です。

僕が次に繋げてみます。なんて大それた事は言いません(逃)








おいもちゃんのアピスト


ビエジタ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

たぶんビエジタ?

2018.03.19(13:55) 62

暖かかったり、寒かったり大変です(涙)

どーも‼お芋です。

ネグロ川の…。久々に更新されました(笑)やめてなかったんだ…(笑)

西からの刺客の更新。ゴールデンウィーク明けあたりかな??(笑)

さあ本題‼

IMG_5311_convert_20180319123355.jpg


IMG_5366_convert_20180319123818.jpg

とりあえずcf.ビエジタ?

少し前にアクアセノーテに入ったアピスト。昨年入荷のマナカシアスじゃない?って言われているお魚。

私個人の見解は違う気が…。

ってこの写真の魚はビエジタでしょ?(汗)

IMG_5406_convert_20180319124454.jpg

IMG_5411_convert_20180319124651.jpg

この個体は前回入荷のマナカシアスF1、やはり違う気が…。

前回入荷のマナカシアスには数タイプ存在したと言う噂も…(汗)

そんな妄想もアピ飼育の醍醐味。

それはやはり信頼できるお店での購入しているから。(信頼するお店は力が無くいい魚かえないけどね(笑))

マックをビエジタって言ったり、ビエジタをマックって言ったり(笑)
魚を知らない、見ていないショップ(プロ)が多すぎだ(涙)

IMG_5383_convert_20180319124119.jpg
IMG_5324_convert_20180319123618.jpg

購入から約1月、仕上がってきました(笑)しかしコイツは何色持ってるんだ?性格はまさにビエジタ超凶暴(汗)

綺麗に仕上るげコツは換水かな(笑)

アピストって南米広域様々な河川に生息してます。全てのアピストが同じ飼い方で飼えるはずもない‼

水槽のサイズフィルターの種類なんかでも換水の頻度は違うと思うし、ブリードを目指す人、親を綺麗に仕上げたい人その人の目的によっても違う。

よく言われる換水をしない、フィルターの掃除もしない飼い方はネグロ水系、オリノコ水系の細身の魚にしか当てはまらないと思う。
それでも私のネグロ系水槽は3~4週に1回は換水します。

今回のようなマクマス系の魚は低PHのきれいな水を好む傾向。ネグロ系の飼い方ではすぐに穴あき病に(涙)

私も沢山殺して学びました。今でも失敗の連続ですが(涙)

今も池袋の先生と毎週勉強してます。お陰で最近ベタとクリプトが増えている(爆)

おいもちゃんのアピスト


ビエジタ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Oリング

2018.02.04(01:51) 61

その事件は突然に起こった…。

水曜日出来事‼その日は早めに仕事を終え帰宅。日課のアピスト達への餌やり。

最後の水草水槽にブラインをやり終え、ふと下を見てみる。

するとフィルターのヘッドから微量の水漏れが…。

すぐさま行きつけのアクアショップにOリングの在庫確認をすると「あるかもしれない」と微妙な返答。

その日はフィルターをバケツに入れて就寝。

次の日…。お店から在庫が無いとの残念な連絡。(プロショップならエーハイムのOリング位は…)

急を要する…。頭の中で仕事帰りに寄れる、扱いのありそうな店を思い浮かべる。

すると町屋の大型店が思い浮かんだ。

その日も奇跡的に早めに仕事が終わり店に向かってみる。

当日は夜から雪の予報だったので急いで向かった。しかしこの店駅から微妙に遠い(涙)

入店してすぐにOリングを見つけとりあえず生体売り場へ。(この店は私が中坊のころから約30年たまに行きます)(笑)

アピストはブリードのみだがたまにマニアックなやつがいます‼そしてピアウイを発見。

超最近ワイルドもはいりましたね(笑)実は何年も待ち焦がれていた魚なんです。

ワイルドを買おうか悩んでいた矢先奇跡の発見。価格は数千円(笑)たまにピアウイのブリードは見つけるが必ず♀がいない(涙)

今回は♀いました‼すぐに店員に話を聞き購入しました。


IMG_5279_convert_20180204001122.jpg

IMG_5242_convert_20180204000758.jpg

それがこいつ(笑)この赤、青のメタリックボディー、尾鰭の柄、ピアウイですねー

しかしやはり頭の形が悪い(涙)

ワイルドを購入された皆さんこれがブリードの頭の形です。(笑)

もう少しわかりやすい写真?


IMG_5245_convert_20180204000818.jpg


IMG_5285_convert_20180204001138.jpg

解りますか?少し凹んでますね?ワイルドじゃありえない‼?それがあり得るんです‼

今回のワイルド、私も購入した友人に実物を見せてもらいました。写真や動画も見ました。

そしたらみんなこんな頭でした(汗)

ブラジルのピアウイ州のピアウイ川、かなり厄介なエリアだと聞きます。しかもこのアピスト以外にプレコやコリもしくはディスカス

それらの種の情報も解りません。今回の入荷も聞かれてきません。このアピストについても大きなサイズはいなさそうですね?

極上もいないみたいな…。

本当にワイルドなら前回は約20年前。プレコのいるシング―のフィールフレックやシング―プルラがあんなに高い値段でピアウイ
だけしか入荷のないエリアの20年ぶりのアピストにしては安すぎる(汗)怪しいぞAg〇

IMG_5225_convert_20180204000645.jpg


IMG_5227_convert_20180204000710.jpg

因みにこれが貴重な♀(笑)たぶん大丈夫だと思うんだが…。

このピアウイはドイツでもチェコでもない驚きのシンガポール便‼店員さんによるとシンガポールブリードでは無いかもしれないって。

アジアの熱帯魚がシンガポールに集められ日本に輸出しているらしい。以前載せたホイグネイも同じルートです‼

あっ‼あの店にも何気にホイグネイ入ってましたなぁ~(笑)怪しい。

IMG_5294_convert_20180204001217.jpg

IMG_5300_convert_20180204001246.jpg

今回は行きつけのお店がOリングを扱っていたら出会えなかった…。いい買い物をした(笑)

もちろんワイルドには敵いませんが私はこいつで十分です。

やはり通販と押し売りではアピストは買えないねぇ~(逃)





おいもちゃんのアピスト


ピアウイエンシス トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

雪の日

2018.01.22(12:31) 60

粉雪舞う月曜日の午前中、私は何処にも行くあてが無く寂しくパソコンに…。

どーも‼お芋です。(笑)

最近は月曜日休みのため、暇なので今年3度目の更新(祝)基本は月1を目指してます。

アマパグッタータ(フィールフレック)、グアジァラミリン、最近はレガニ系がブームなのか?

ならクルアのアピストももっと売れてもいいはず(笑)そりゃ~お店も大変だ(笑)

我が国のアピストマニアって贅沢で、名前だけで買っているのか?よくわららない(涙)私もですが…(爆)

そんなわけで今日の雪の様にアピスト熱の冷めてきているワシの心を熱くするネタをどうぞ(笑)


IMG_5219_(1)_convert_20180122112324.jpg


IMG_5168_(1)_convert_20180122111938.jpg

エリザべサエじゃないよ(笑)リネアタです。

おととしの9月セノーテに入荷したリネアタのF1、芋ブリードです。

こいついい色してるでしょ?ドーピングはしていません(笑)

お腹の近くまでオレンジです。

まだそんなには大きくないからまだまだ楽しみ‼

元々は30匹程のF1がいて、形、色が納得できたのでとあるお店に「リネアタのF1いりますか?」

と問うてみたら、「ワイルドが来るからいらね~」って…。

まだ良い♂はいたんだが♀2匹を確保してポッチャンへ(涙)

そしたら一気に大きく綺麗に(笑)ここまでになるとわ…。

IMG_5096_(1)_convert_20180122111625.jpg


IMG_5131_convert_20180122111657.jpg

みなさんの大好きな隈は顎が赤すぎて水槽内では確認出来ません(涙)

しかし網で掬うとばっちり出ますよ‼

リネアタは昨年沢山入荷してきました。価格も入手しやすくなりました。

でも初期に入荷していた個体の方が確実赤かった…。

基本は同じだと思うが、最近はアクアFさんがcf.で売っていたタイプが多くなっているような…。


IMG_5104_(1)_convert_20180122111643.jpg


IMG_5189_convert_20180122112126.jpg

肝心の♀(笑)

ブリードリネアタってあまりいい体型の♀がいないような(汗)

うちのも完璧とは言えないが、まずまず合格点かな…?

ペアにしてすぐに産んだが、1度目は放置、もちろん消えました(笑)

IMG_5207_convert_20180122112246.jpg


IMG_5133_(1)_convert_20180122111710.jpg

リネアタのブリードは産卵後に♂の抜くタイミングさえ間違えなければ、ブルトやロートより断然簡単に思います。

このタイミングは水槽サイズやペアの相性で違いがあるだろうから何とも言えないが、こんなFもでるかもしれないからチャレンジしてみましょう(笑)

なんか今日も偉そうにしてごめんなさい(汗)





おいもちゃんのアピスト


リネアタ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. 24・25・28(04/16)
  2. これはビエジタ(03/22)
  3. たぶんビエジタ?(03/19)
  4. Oリング(02/04)
  5. 雪の日(01/22)
次のページ
次のページ